活動報告

活動報告

第8回岡山県高校生英語ディベート大会

日程:令和元年10月19日(土)
会場:県立岡山大安寺中等教育学校


論題
That the Japanese government should limit the weekly maximum average
working hours, including overtime, to 48 hours (following the E.U.).

日本国は,残業も含めた週あたりの最長平均労働時間を(E.U.にならい)48時間に制限すべきである。是か非か。

優勝・岡山県教育委員会教育長賞
 岡山県立岡山城東高等学校 Aチーム
c2151e54-415f-47fd-96d5-c687465d6ea5.jpg


準優勝・英語部会長賞
 岡山県立岡山大安寺中等教育学校 Aチーム

3位
 岡山県立岡山大安寺中等教育学校 Bチーム
 岡山県立岡山朝日高等学校 Bチーム
     
ベストディベーター賞 岡山城東高等学校 Aチーム 横山ひなた さん

○参加校 県内の高等学校・中等教育学校 9校15チーム
・県立岡山朝日高等学校 ・県立岡山城東高等学校 ・県立倉敷青陵高等学校
・県立倉敷南高等学校  ・県立井原高等学校   ・県立総社南高等学校
・県立津山高等学校   ・県立岡山大安寺中等教育学校 ・清心女子高等学校

*岡山城東高等学校は、12月に群馬県で開催される全国大会に派遣されます。

令和元年度 高教研英語部会 秋季大会

img_3160-2.jpgimg_3155-2.jpg

11月20日(水)に「令和元年度高教研英語部会秋季大会」が総社南高校を会場に開催されました。午前中に、2限目と3限目に公開授業、全体会を、午後は、二つの分科会を実施しました。第1分科会のテーマは「新テストへの対応と現状のアクティヴ・ラーナーの育成」、第2分科会は「ICTの授業活用法」でした。当日は、100人を超える参加者があり、全体として高評価をいただきました。秋季大会の実施に御尽力・御協力していただいたすべての皆様方に心から感謝申し上げます。分科会の記録等の詳細につきましては、来年度発行の部会報を参照願います。

なお、参考までに、当日の授業者がそれぞれに作成した学習指導案を掲載していますので、御活用ください。

公開授業 指導案
・コミュニケーション英語Ⅰ(1年)
・コミュニケーション英語Ⅱ(2年)
・異文化理解(2年)
・英語表現(2年)
・時事英語(3年)

img_3165-2.jpgimg_3153-2.jpg

また、今後、このホームページにて、指導の手だて、言語活動のワークシート、学習指導案、おすすめの教材等、我々の授業づくり等に有益な情報を掲載し、共有してみようと思っています。
先生方の情報提供をよろしくお願いいたします。

第13回岡山県高等学校スピーチコンテスト 結果報告

令和元年9月21日(土)、岡山操山高校を会場に、第13回岡山県高等学校スピーチコンテストが開催されました。

県内15校から23名の生徒が出場し,午前中は2グループに分かれ予選が行われました。出場者はそれぞれ練習の成果を発揮し,社会問題など自由なテーマで、自らの意見を主張するすばらしいスピーチを堂々と披露していました。6名が勝ち残り,午後には本選が行われました。いずれもレベルの高い内容で,審査員の評価はとても高く,出場者も納得の充実した大会となりました。

結果は次のとおりです。

岡山県教育委員会教育長賞(1位)

岡山城東高等学校 坂口 凛 2年 Burn the Ships   

医学部不正入試を契機として、社会的成功には大学進学を不可欠だとする風潮に疑問を呈したスピーチを発表した。

 

山陽新聞社社長賞(2位)

清心女子高等学校 影岡 明香里 1年 Listen, Watch, and Speak Up 

 

高教研英語部会長賞(3位)

岡山大安寺中等教育学校 森﨑 ちなつ 2年 May I Help You? 

入賞者上位者1
上位者2上位者3

 

優秀賞  

津山高等学校 中川 和柚 2年 Aiming to become an inadvertent humanist

岡山城東高等学校 高松 美空 2年 A New Beginning 

岡山操山高等学校 入江 桃子 1年 My Dream with Children

決勝

1・2位の2人は11月2日(土)に山口県立大津緑洋高等学校 大津校舎で開かれる第13回中国地区高等学校英語スピーチコンテスト大会に出場する予定です。ご健闘をお祈りします。

 

平成31年度 英語ディベート研修会in岡山 報告

令和元年8月7日(水)、岡山城東高校を会場に英語ディベート研修会in岡山を開催しました。この日は、全国高校英語ディベート連盟から久留宮一浩先生を講師に迎え、英語ディベートに関する基礎知識、実施方法、練習方法等の研修を行いました。また、岡山県高校生英語ディベート大会を想定した練習試合を3試合行い、ジャッジの役割、フローシートの書き方、勝敗の決め方等の研修も実施しました。今年度も県大会本番へ10校以上の参加を目標に、多くの学校に呼びかけ、これまで研修会に参加のなかった高校の参加も実現することができました。

県下全域から高校生、指導者併せて132名の参加者があり、充実した研修となりました。

debate left

 

 

 

 

 

 

英語ディベート研修会での講義
久留宮先生による実践演習を含んだ講義を実施

debate right

 

 

 

 

 

 

練習試合の様子
倉敷南高等学校 vs 岡山朝日高等学校

岡山県大会について

「第8回岡山県高校生英語ディベート大会兼第14回全国高校生英語ディベート大会岡山県予選」
・令和元年10月19日(土)岡山大安寺中等教育学校にて
・申込 令和元年9月20日(金)必着
*岡山県高校生英語ディベート大会開催要項と申込み様式は高教研英語部会から既に発出された案内文書をご覧下さい。

平成30年度 岡山県高校生英語ディベート大会 報告

第7回岡山県高校生英語ディベート大会が開催されました。

日程:平成30年10月20日(土)
会場:県立岡山大安寺中等教育学校
論題:That Japan should legalize voluntary active euthanasia.
  (日本国は,本人の意思による積極的安楽死を合法化すべきである。是か非か。)

優勝・岡山県教育委員会教育長賞
岡山県立倉敷南高等学校 Aチーム

H30ディベート

準優勝・英語部会長賞 
岡山県立倉敷南高等学校 Bチーム

3位
岡山県立井原高等学校 Aチーム
岡山県立岡山朝日高等学校 Aチーム
   *全国大会出場追加枠希望申請への優先順位決定戦は井原高校が勝利  

ベストディベーター賞
倉敷南高等学校 Aチーム 森田うい さん

○参加校 県内の公立高等学校・中等教育学校 8校14チーム
・県立岡山朝日高等学校 ・県立岡山芳泉高等学校 ・県立岡山城東高等学校
・県立倉敷青陵高等学校 ・県立倉敷南高等学校  ・県立津山高等学校
・県立井原高等学校   ・県立岡山大安寺中等教育学校

平成30年度 第12回 岡山県高等学校英語スピーチコンテスト結果報告

平成30年9月15日(土)、岡山操山高校を会場に、第12回岡山県高等学校スピーチコンテストが開催されました。

県内12校から19名の生徒が出場し,午前中は2グループに分かれ予選が行われました。出場者はそれぞれ練習の成果を発揮し,社会問題など自由なテーマで、自らの意見を主張するすばらしいスピーチを堂々と披露していました。6名が勝ち残り,午後には本選が行われました。いずれもレベルの高い内容で,審査員の評価はとても高く,出場者も納得の充実した大会となりました。

結果は次のとおりです。

岡山県教育委員会教育長賞(1位)

清心女子高等学校 加藤 結万 (1年)    We Can Create a Better Future for All of Us   

米国人の留学生から聞いた話がきっかけで偏見に疑問を持つようになった体験に触れ、「新しい意見受け入れることが、性的少数者(LGBT)の人も自分と変わらない存在だという理解につながる」と訴えた。

山陽新聞社社長賞(2位)

清心女子高等学校 中原 明日美 (2年)   Making Things Normal

高教研英語部会長賞(3位)

岡山大安寺中等教育学校 森﨑 ちなつ (1年)   I Am a Cat
1位2位3位

 

 

 

 

 

優秀賞  

岡山操山高等学校 廣瀬 彩乃 (1年)   The Power of Knowledge

津山高等学校 中川 和柚 (1年)   Diverse Perspectives

津山高等学校 森本 帆美 (1年)   Indifference

1・2位の2人は11月10日(土)に鳥取県立鳥取東高等学校しののめ館で開かれる第12回中国地区高等学校英語スピーチコンテスト大会に出場する予定です。ご健闘をお祈りします。
決勝

平成30年度 英語ディベート研修会in岡山 報告

平成30年8月8日(水)、岡山城東高校を会場に英語ディベート研修会in岡山を開催しました。

この日は、全国高校英語ディベート連盟から中島正喜先生を講師に迎え、英語ディベートに関する基礎知識、実施方法、練習方法等の研修を行いました。また、岡山県高校生英語ディベート大会を想定した練習試合を3試合行い、ジャッジの役割、フローシートの書き方、勝敗の決め方等の研修も実施しました。今年度も県大会本番へ10校以上の参加を目標に、多くの学校に呼びかけ、これまで研修会に参加のなかった高校の参加も実現することができました。

県下全域から高校生、指導者併せて約100名の参加者があり、充実した研修となりました。

S2610015
英語ディベート研修会での講義の様子

S2610009中島先生による実践演習を含んだ講義を実施

■岡山県大会のお知らせ
「第7回岡山県高校生英語ディベート大会兼第13回全国高校生英語ディベート大会岡山県予選」
・平成30年10月20日(土)岡山大安寺中等教育学校にて
・申込 平成30年9月21日(金)必着

*岡山県高校生英語ディベート大会開催要項と申込み様式は平成30年7月11日付け
県教育庁高校教育課から発出された高指第263号をご覧下さい。

第11回岡山県高等学校英語スピーチコンテスト結果報告

無題

平成29年9月16日(土)、岡山大安寺中等教育学校を会場に、第11回岡山県高等学校スピーチコンテストが開催されました。

県内12校から19名の生徒が出場し,午前中は2グループに分かれ予選が行われました。出場者はそれぞれ練習の成果を発揮し,実体験と社会問題とを織り交ぜ自らの意見を主張するすばらしいスピーチを堂々と披露していました。6名が勝ち残り,午後には本選が行われました。いずれもレベルの高い内容で,審査員の評価はとても高く,出場者も納得の充実した大会となりました。

結果は次のとおりです。

岡山県教育委員会教育長賞(1位)
清心女子高等学校 中原 明日美 (1年) What I Find Scary

山陽新聞社社長賞(2位)
岡山操山高等学校 中川 夏奈絵 (1年) True Harmony

高教研英語部会長賞(3位)
岡山大安寺中等教育学校 志賀 晴奈 (2年) Beyond Our Stereotypes

優秀賞
岡山朝日高等学校 横山 未侑 (1年) The Kunashiri Bridge
岡山朝日高等学校 新谷 彩華 (2年) Break Down the Wall
岡山城東高等学校 夏目 千歌 (2年) Thinking About the Future of Japan

1・2位の2人は11月18日(土)に岡山操山高等学校で開かれた第11回中国地区高等学校英語スピーチコンテスト大会に出場しました。
清心女子高等学校の中原さんは、中国地区大会でも第1位となり、平成30年2月10日(土)~11日(日)に国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた第11回全国高等学校英語スピーチコンテストに出場しました。

決勝
DSCN2864

平成29年度 岡山県高校生英語ディベート大会(岡山予選) 報告

第6回岡山県高校生英語ディベート大会
兼 第12回全国高校生英語ディベート大会in埼玉 岡山県予選

平成29年10月21日(土) 9:00~17:30 県立岡山朝日高等学校

論題
  That Japan should significantly relax its immigration policies.
  日本は,移民政策を大幅に緩和すべきである。是か非か。
試合中

参加校
・県立岡山朝日高等学校 ・県立岡山操山高等学校 ・県立岡山芳泉高等学校
・県立岡山城東高等学校 ・県立倉敷青陵高等学校 ・県立倉敷南高等学校
・県立倉敷古城池高等学校 ・県立井原高等学校 ・県立津山高等学校
・県立岡山大安寺中等教育学校 ・清心女子高等学校
  県内の公私立高等学校・中等教育学校 11校16チーム

ディベート県大会表彰

結果
優勝・岡山県教育委員会教育長賞
  岡山県立岡山城東高等学校 Aチーム
準優勝・英語部会長賞
  岡山県立岡山大安寺中等教育学校 Aチーム 
3位
  岡山県立岡山大安寺中等教育学校 Bチーム
  清心女子高等学校
         
ベストディベーター賞
  岡山城東高等学校 Aチーム 土屋文彦くん

大安寺0

平成29年度 英語ディベート研修会in岡山 報告

 平成29年8月7日(月)、岡山城東高校を会場に英語ディベート研修会in岡山を開催しました。

 この日は、全国高校英語ディベート連盟から中島正喜先生を講師に迎え、英語ディベートに関する基礎知識、実施方法、練習方法等の研修を行いました。また、岡山県高校生英語ディベート大会を想定した練習試合を2試合行い、ジャッジの役割、フローシートの書き方、勝敗の決め方等も研修しました。今年度も県大会本番へ10校以上の参加を目標に、多くの学校に呼びかけ、これまで研修会に参加のなかった高校の参加も実現することができました。

 県下全域から高校生、指導者併せて約100名の参加者があり、充実した研修となりました。

ディベート研修会1
英語ディベート研修会での講義
久留宮先生による実践演習を含んだ講義を実施

ディベート研修会2
モデルディベートの様子 
倉敷南高等学校 vs 岡山城東高等学校

○ 岡山県大会について
 「第6回岡山県高校生英語ディベート大会兼第12回全国高校生英語ディベート大会岡山県予選」
・平成29年10月21日(土)岡山朝日高校にて  申込期限 平成29年9月22日(金)必着

 *岡山県高校生英語ディベート大会開催要項と申込み様式は平成29年7月25日付け県教育庁高校教育課から発出された高指第308号をご覧下さい。